市内の中学校が学校の当たり前をやめてみた

こんにちは。

八戸の塾、俊塾です。

 

今日はこちらの新聞記事について。

色んな塾でも触れそうな内容ですが

俊塾としても反応してしまう内容ですね。

 

テスト廃止宿題廃止は

少し前にテレビでも話題になった取り組みですが

何のためのテストなのか

何のための勉強なのかを

見失っている学校

見失っているこども

見失っている大人

が一定数いると思っているので

中身が良い悪いよりも

このように試行錯誤しながら

進めていくことはとても良いことだと思います!

 

あとは学校単位で結構柔軟に

制度を変えることができるんですね。

むしろこの方が驚き。

校長先生になればできるのかな?

ほんの少し教員になりたい欲が出ますね。笑

免許はあるので、今から採用試験に合格して

校長先生になるには何年かかるんだ?笑

やはり俊塾を土台に活動したほうが

フットワーク軽く色んなことができそうかな!

 

勉強に能動的に取り組む。

勉強は社会を生きるための

1つの手段だと捉えられる。

そんなこどもを輩出したいのが俊塾の想い。

そのことを再確認した新聞記事でした。

 

記事の中では

「実力テストの成績が上がった」とあり

実現には色々な理解が必要だと思いますが

市内の中学校で比較したときに

どうなのかなど知りたいものですね。

 

豊崎中ってエアコンあるんだね!?

 

#八戸 #塾 #小学生 #中学生 #高校生 #個別指導 #一斉集団指導 #自習室 #小学英語 #英語 #料金 #全県テスト #おすすめ #高校受験 #大学受験 #無料体験 #定員制 #試行錯誤 #目的と手段 #学校の当たり前をやめてみた #公教育って意外に柔軟性ある