2021年度 通常授業時間割

2021年度より時間割を変更しました!

 

変更の主な理由は

・中3一斉指導、週3回→週2回にし、送り迎えの負担を軽減。

・中1~中3の一斉指導で前学年の復習や主要科目である数英の復習を毎週取り入れたい。

・我々のワークライフバランス。

・個別指導の振替用の枠の増加。

・俊塾の高校生をはじめとした休日自習室利用の高まり。

・現状の高校生の金曜日の学校課題の時間が、テスト期間中はテスト終了後に行われることが多く、もったいない。

です。

 

俊塾は

授業内容にしても教材にしても時間割にしても

今いる塾生をベースに考えます。

2020年の生徒たちの様子をみてこのような変更としました。

 

それでは特徴を説明しますね!

 

①小学生一斉指導は週に何回通っても同じ月謝!

2021年度は月、火、水で開講する小学生の一斉指導。最大で週に3回通えますが、増えても減っても月謝は同じです。

俊塾は国語に力を入れており、授業の最初は「読解はかせ」という国語の教材を使用し、『オナラがくさいのはなぜ?』『どうして馬は顔が長いの?』など、興味を持ちやすいものを題材にした読解問題に取り組んでもらっています。すべての科目の基礎である国語力、

そして学習習慣を身につけてもらうことを目標に楽しく授業をしています!

 

①高1高2は月曜日に数英の一斉指導がありますが、授業前に各30分、日曜日の学校課題という時間は、学校の宿題などの質問受付の時間を設けています。講師を常時配置し、生徒の質問対応をしています。

 

②中学部一斉指導で「復習時間」新設。

今までは5科目60分ずつ授業を行っていましたが、国社理の授業時間を40分に削り、中1中2は土曜日の20:30~、

中3は日曜日の20:30~の80分間で、その週の分からなかった単元の復習をしたり、中3は中2の復習を、中2は中1の復習をというように前学年の復習したりと、個人の習熟度に応じた課題をしてもらう時間を設けました。この時間は習熟度に応じた課題に取り組んでもらいます。もちろん、学校課題の質問などにも対応します。

 

③開校中はいつでも自習可能です。平日は15時から22時まで、日曜日は13時から22時まで開校しています。自習室は常時20名が学習できる広さです。特に高校生は、その日の課題や疑問点は、後回しにせずその日のうちに解決しなければ、すぐについていけなくなります。俊塾は小中野駅から徒歩6分。栄町バス停から徒歩1分という好立地。学校帰りに寄りやすい場所にあります。

立地以外に高校生の自習室利用で人気なのが「コピー機使い放題」「計算用紙もらい放題」。テスト前は高校のワークをコピーして、 書き込んである答えを修正テープで消して何度も繰り返す高校生がたくさんいます。自宅で集中できないという人は俊塾の自習室利用をおすすめします!