俊塾第1期生の頑張り

今日は合格発表。

 

難化による波乱の入試。

ミスだらけの入試問題。

サラリーマン時代とは比べ物にならない緊張感。

 

高校入試第1期生の結果報告を待っている最中です。

受験番号で結果は分かっていますが、

本人と確認しないと落ち着きませんよね。

 

受験を終えた様子は昨日のブログに書きましたが、

今日は俊塾生の成績の推移をご紹介します。

 

第1回全県テスト 7月

塾生平均 250点   (261.4点)

 

第2回全県テスト 9月

塾生平均 286.2点 (280.5点)

 

第3回全県テスト 11月

塾生平均 283.5点 (281.9点)

 

第4回全県テスト 12月

塾生平均 301.5点 (281.1点)

 

塾生平均は第1回~第4回すべての全県テストを受けた塾生が対象です。

(  )内は青森県全体平均です。

 

1年間で約50点。

正確には51.5点の伸びを魅せてくれました。

 

他塾がどの程度伸びているのか分からないので

この数字の持つ価値は分かりませんが

個人的にはしっかり伸びてくれたなと思っています。

 

夏の伸びがすばらしい!

一気に全体平均を抜き去ります。

 

これは間違いなく夏期講習の賜物。


45分授業×4コマをほぼ毎日。

夏休み期間中に塾で約70時間勉強しました。

もちろん宿題もあるので

家庭学習もプラスすると100時間は勉強したことでしょう。

 

前に読んだ本で

「質を高めるにはまず量をこなさないといけない」

というのが書いてあり、

「たしかに~」

と、うなった記憶があります。

色々やってみないとどれがいいのか分からないわけです。

 

そして第3回の凹み。

全体平均は微増しているのに

我々はダウン…

ここで喝を入れます。

その様子がこちら

 

場面場面で叱咤激励し

どうすればいいのかを考えてもらう。

常に「次、どうする?」を考え、実行する。

この姿勢は月日を追うごとに身についてきました。

 

そして最後に、もうひと伸び。

 

冬休み明けは怒涛の入試対策。

毎週土曜日にプレ入試という本番を想定した予想問題を

臨場感を出すため制服で解き

毎週日曜日にその解説。

これを6週間連続で行いました。

 

点数も張り出しました。その様子がこちら

今、全塾生にアンケートを行っていますが

(この結果もいつか公表しますね)

俊塾の成績掲示は意外にも好評です。

励みになっているようです。

 

そして、今日の発表。

最後に「合格」という結果を手にし

「勉強して良かったな」

「勉強って楽しいな」

と思ってもらいたい。

 

それが叶わなくても前を向いてもらいたい。

 

そんな想いです。

 

今日は「何があっても来い!」

と言っています。

皆さん、待ってますよ。