中学部

部活動と勉強を両立できる学習習慣を土台にして、

高校入試における第一志望校合格を目指します。

学内テスト、塾内で行われる実力テストを通して

点数の取り方を身につけ、結果を出す喜びを実感してもらいます。

 

中学3年生は「全県テスト」を塾内で受けることができます。

選べる2つのコース

・5科目指導

・学校の先取り学習

・定期試験対策

 

中3(定員18名)

2クラス制(選抜クラス・標準クラス)

中2(定員10名)

1クラス制

中1(定員12名)

1クラス制

 数学・英語

1:2個別指導

・定期試験対策




プレミアムMonday

2019年度より毎週月曜日に「プレミアムMonday!」を開講します!

内容は今までやろうと思ってもできなかった演習を行います。

 

主に

・先週に学校で進んだ範囲の学校ワーク

・定期テスト、学校内の実力テスト、塾内の模試の間違い直し

・先週、塾で行ったワーク、確認テストの間違い直し

です。

 

与えられた課題をこなすだけの勉強ではなく、その時に自分が必要な課題を

自分で考え、実行する時間です。(もちろん、講師からアドバイスは行います。)この姿勢は高校生になるとより必要なものですが、

強制で受けさせるのだけは避けて下さい。

 

月額2,000円です。オプション講座のみの受講はできません。

定員は中学部全体で20名で、先着順。講師常駐です。


俊塾の定期試験対策

 

・俊塾では、定期試験の2週間前から平常授業を一旦ストップし、学校の進度に合わせた授業を行い、定期試験に備えます。普段、個別指導でお通いの生徒もこの期間は無料で一斉指導生と同じテスト対策が受講できます。

 

・俊塾は、通常週2~3回の通塾ですが、定期試験対策は下記の時間割の通り、ほぼ毎日通塾します。勉強メニューも多彩に用意しています。

 

・特に好評なのが本番のテスト前に塾内で行う「プレテスト」。プレテストの答案は講師がすべて採点し、「テスト勉強の進み具合」、「どの単元が分かっていないのか」、「テスト本番までにどのような勉強が必要なのか」などの生徒1人1人の答案に目を通して、アドバイスなどを記入した手紙を生徒全員に渡します。


定期試験対策時間割 例



すべての答案は講師が採点。「勉強が足りていない」「ケアレスミス」「理解していない」など、なぜ失点しているのか答案を見て確認します。


答案を採点して分かったことを5科目ごとにシートに記入してアドバイス。プレテスト受講者全員に渡します。どうしたらやる気が上がるのか全力で考え、手紙という形で期待をかけます。

生徒たちはこのアドバイスをもとに最後の1週間の追い込みをします!

これは3次考査で採点した答案の量です!

枚数にして841名!

両面なので1682枚と言ってもいいですね。

比較のために、お手玉うさまるとリップクリームを

置いてみました。

なんと、赤ペン3本なくなりました!(笑)

次のテスト対策では何本なくなるでしょうね!?


全県テスト